最新!よくわかる太陽光発電

TOP > 太陽光発電について > 太陽光発電のシステムはどうなっているのか

太陽光発電のシステムはどうなっているのか

 太陽光発電は、太陽光を利用した発電システムというのはよく知られていますが、その細かな仕組みは知らない人も少なくありません。
では、実際にこのシステムはどのような仕組みになっているのでしょうか。
それを知ることによって、正しく太陽光発電を利用することにもつながるのではないでしょうか。
そこで、まず太陽光発電を理解するためには、その基本となる太陽電池の仕組みについて理解すると良いでしょう。
太陽電池自体は電池と呼ばれていますが、一般のアルカリ電池のような感じで電気を蓄えておくことはできません。
実際には電池の役割というよりは、発電機の役割を担っています。
太陽電池に太陽光が当たると、光起電力効果という現象が起き、それによって電気が起きる仕組みです。
太陽電池は半導体で作られているのですが、そこの中の電子が太陽光が当たることで動き電気が発生します。

 太陽光発電は、そうした太陽電池をたくさん繋げたソーラーパネルを利用しておこないます。
パネル自体はいろいろな場所に設置することができるので、一般家庭の屋根だけでなく、広い土地などに沢山のパネルを並べたりもしています。
ただソーラーパネルを設置すれば、全ての太陽光を使って電気を作り出すことができるわけではありません。
そこで現在ではより発電効率の高いパネルの開発も進められています。
高い発電効率を誇るパネルであれば、少しの面積で莫大な電力を発生させることができるからです。
つまり、屋根などに設置する場合でも、発電効率が高いものを選べば、狭い屋根でも十分な発電量が期待できるようになるわけです。
ただ高機能のパネルはまだまだ高額なのが実情なので、実際には設置する場所、必要とする電気の量によって選ぶパネルを変えている状態です。

 また、太陽光発電は他の発電方法と根本的に違う部分があるのをご存知ですか。
それは、発電するために必要とする燃料が一切ないということです。
例えば火力発電の場合は燃焼させるために化石燃料が必要となりますが、その燃焼の際に排気ガスとか二酸化炭素が発生してしまいます。
また燃えかすなども発生してしまうので、発電だけでなくそれらの処理もしなければなりません。
しかし太陽光発電は燃料が必要ないので排気ガスも発生しないし、燃えかすなども出ないので非常にクリーンな発電方法だといえます。
そのため、地球の環境にも優しい発電方法だということから、現在では多くのところで利用されるようになりました。
また太陽光発電システムだけでは作った電気を蓄えておくことができませんが、蓄電池を利用する事で夜間など発電できない時でも以前作った電気を利用できます。

次の記事へ

ページトップへ