豊島区にある賃貸オフィスの費用相場

豊島区の賃貸オフィスを借りていて契約が終了した時、退去時に行わなくてはならないのが原状回復です。原状回復を行うにあたって高い金額を請求されたという方や、そもそもどれくらいの金額が必要なのか相場が分からないという方も多いです。原状回復についての基礎知識を知っておくことで、退去時に慌てずに済みますし、資金繰りもあらかじめ余裕を持って行うことができます。原状回復は、豊島区で賃貸オフィスを借りていて契約期間が終了した場合に、元の状態に戻して貸主に返すことを言います。賃貸オフィスのような事務所の場合は、契約の期間内に原状回復を行った上で返却することになります。住居の場合は貸主と借主が双方で費用分担を行いますが、事務所の場合は借主が費用を支払うことになっているケースがほとんどです。

賃貸オフィスの原状回復にかかる費用

豊島区の賃貸オフィスの契約期間終了に際して原状回復に必要な費用は、小規模または中規模の事務所や店舗などと大規模事務所や店舗の場合で異なります。相場金額は小規模または中規模の事務所の場合、1坪あたり3万円から5万円、大規模の事務所の場合は、一坪あたり5万円から10万円が相場となります。相場はこの金額ですが、不動産を管理している不動産屋や管理人の裁量によって1坪単価は異なります。借り手が大手企業の場合は、原状回復を行う業者も大手業者を指定されている場合が多いため、原状回復費用が高くなる傾向にあります。小規模または中規模の場合は、原状回復を行う業者が大企業ではなく、安い価格で工事を行う業者に依頼することが多いため、原状回復を行うのにかかる費用を抑えることが可能です。

原状回復を行う上で気を付けたいこと

豊島区の賃貸オフィスの原状回復を行う業者は借主側で選ぶことができず、あらかじめ貸主側で指定していることが多いです。そのため費用は高くなりがちですが、これを少しでも抑えるためには、賃借人側で業者選びができるかどうかを、賃貸契約を結ぶ前に確かめておくと良いです。借主側で業者選定をするのが難しい場合は、前に入居していた方が退去する際に原状回復としてどれくらいの金額を負担したのかを確認しておきましょう。世間相場とあまりにかけ離れて高価な場合は、なぜその費用がかかったのかを明確にしておく必要があります。原状回復工事を行う際は、複数の業者に相見積もりを取って費用を比較しましょう。貸主にその見積もり結果を見せることで、原状回復の工事にかかる費用を安く抑えられる可能性があります。