おすすめの豊島区の賃貸オフィスの利用法

豊島区で賃貸オフィスを探す場合、必要な最適面積の把握が必要です。何をどのくらい置きたいのか、別スペースを設けるのかによって、何平米必要になるのか違ってきます。初期費用も住宅を借りる時よりも多くかかります。それらを支払っても事業を継続できるかを確認する必要があります。賃貸料だけではなく、家具などの金額も同時に考え、支払った後の残金も考慮する必要があります。物件を借りるまでの流れとしては、物件探し問い合わせをし、内見をします。申込みをしてから審査があり、審査が通ると入金になります。入金確認が出来ると契約となります。契約開始日以降に入居となる為、物件探しから入居までは合計で一ヶ月以上かかる場合もあります。開業時にオフィスを借りる場合、審査では事業計画の提出を求められる事が多いです。

豊島区でいい賃貸オフィスが見つからないとき

豊島区の賃貸オフィスでなかなか満足出来そうな物件に出会えない時は探す方法を少し変えていきます。賃貸オフィスの場合は、家賃を上げて探すと、希望条件の物件が見つかる事があります。元の家賃からの差額分でいい物件があった場合に看板が出せて広告宣伝出来る等、家賃が投資であるという考えに変わってくる事があります。事務所面積は希望よりも狭めて探すと見つかる事もあります。事務所の場合、トイレ等の水回りが共用部にあり、実際は希望より狭く良い事もあります。最近では築年数が古くてもリノベーションされば物件が多いため、築年数の希望を外す事で見つかる事があります。オフィスの場合、同じ建物内で複数借りて必要な面積を確保する事があります。その為、必要面積を半分にして探す事で、必要条件が満たされる事もあります。

豊島区の賃貸オフィスの相場について

豊島区内でオフィス街としてのイメージが強く人気が高いのは、池袋になります。池袋周辺には企業が集中しており、交通の利便性や東京都下や埼玉方面へのアクセス、乗降客数も圧倒的で賃料相場も周辺地域と比較して高めになります。大型物件の空室は殆どなく、ニーズが多く重宝されやすい小型物件の供給が充実していて賃料相場も新宿・渋谷などの他区より手頃で割安感があります。他にJR山手線ライン(高田馬場から駒込)の相場が区内平均と比べてやや高めになり、全体的には東京都内でも賃料相場は低めの設定になります。ここ数年大規模な賃貸オフィスよりも高層マンションの建設が各地で進みオフィス街というよりは住宅街の色が濃くなってきたエリアでもあります。需要・供給のバランスは大きく崩れず、相対的には割安感のある地域となった為、今後も大きな変動は無いように思えますが、他エリアの影響を受けて全体的に下落に推移する可能性もあります。