最新!よくわかる太陽光発電

太陽光発電の比較と仕組み

太陽光発電は再生可能エネルギーとして今注目されている発電方法です。石油やガスはいつか底を尽きて、発電できなくなってしまいます。そのため私たちは、底を尽きない、持続可能なエネルギーを使う必要があります。

そんな太陽光発電ですが仕組みはご存知ですか。その名の通り太陽の光エネルギーを電力に変えるのが太陽光発電です。太陽電池と呼ばれる発電機に光が照射されると、半導体の電子が動いて電気が作られます。この方法は燃料を必要としないため、二酸化炭素や排気ガス、使用済み燃料の処理を発生させない環境にやさしいエネルギーです。

太陽光発電の導入には、メーカーや太陽光パネルをしっかりと選ぶことが大切です。設置する場所や環境、予算で選ぶべきものは変わってきます。当サイトでは太陽光発電の比較を行っています。きちんと比較をすれば自分に合う設備を決めることができます。

SUNTECH

公式サイトはコチラ

POINT

住宅用の太陽光発電システムならSUNTECHです
産業用の大掛かりな太陽光発電システムもSUNTECHです
定評のあるSUNTECHのO&Mサービスです

これからは自分たちが消費する電力は自分たちで賄う時代です。そんな夢を可能にしてくれるのがSUNTECHの太陽光発電システムです。SUNTECHの太陽光発電システムを導入するだけで地方公共団体などから補助金が受けられます。

近年農地の跡地や、使用されていない広大な敷地を利用してそこに産業用の大掛かりな太陽光発電システムを導入しようとする計画が数多くの地域で見られます。地域の夢を実現してくれるようなサービスはSUNTECHで決まりです。

SUNTECHが提供してくれるO&Mサービスサービスの品質の良さには定評があります。O&Mとは、オペレーション&メンテナンスの英語の略です。つまり太陽光発電システムの運用と維持管理メンテナンスに関するお仕事なのです。SUNTECHにお任せください。

ソーラーパートナーズ

公式サイトはコチラ

POINT

わずか1分で対応エリアか確認できます
太陽光発電見積もりサイトで4年連続して第1位を獲得しています
日本で唯一の太陽光発電の工事会社ネットワークがあります

太陽光発電を設置する会社はたくさんありますが、そのメリットを最大限に引き出せる会社の1つに株式会社ソーラーパートナーズがあります。

会社の主な事業内容は、太陽光発電や蓄電池や外壁塗装の工事会社ネットワーク運営です。受付時間は朝10時から夜20時30分までで、土曜日や日曜日にも対応しています。これらの事業を行うには許認可が必要なので、建設業許可番号では東京都知事許可(般-29)第138314号を、電気工事業届出番号では東京都知事届出第2910275号をそれぞれ取得しています。

ソーラーパートナーズでは、サイト上で郵便番号を入力するだけで対応可能地域か否かをすぐに判断でき、見積もりを行った後の工事では販売と施工とアフターの3つの全部を行える施工会社だけに依頼をしています。これにより太陽光発電見積もりサイトで4年連続第1位を獲得しています。

太陽光見積りサイトNo.1【ソーラーパートナーズ】

新日本住設株式会社

公式サイトはコチラ

POINT

全てが自社施工であるという安心感と低価格を同時に実現します
施工後のアフターフォロー体制も万全です
名だたる大企業との取引実績も豊富です

業界の中でも普及率が高い、安心・安全が売りの太陽光発電会社を探しているという人も多いかと思います。そのような方におすすめなのが新日本住設株式会社です。ここの最大の魅力の1つともいえるのが、プランニングから実際の施工、アフターフォローに至るまで全てが自社施工であるという安心感、それでいて低価格でのサービス提供を実現しているという点です。

そのアフターフォロー体制がしっかりしているというのも魅力の1つです。保証期間内であれば瑕疵によるトラブルは無償で対応、定期点検やメンテナンスも受けられるなど至れり尽くせりのサポート内容になります。

それらの実力が認められ、今に至るまでに名だたる日本の大企業との取引実績を誇っています。その信頼感が新たな大企業や多くの人たちの契約を生み出し、普及率の高い高品質サービスを提供出来るのです。

太陽光発電なら【新日本住設の太陽光マイスターにお任せ】

OM'S

公式サイトはコチラ

POINT

太陽光発電のメンテナンスを一本化することができます
全国さまざまな場所でサービスの提供を受けることができます
メリットあるサービスを低価格で受けることができます

太陽光発電を行う企業や一般家庭も増加していますが、太陽光発電は機器をつけるだけでは終わりではありません。日々のメンテナンスが必要になってきます。OM'S では必要なメンテナンスを一本化するサービスを行っています。

OM'Sのサービスは、監視機器の設置は標準サービスとなっています。拠点は、北海道・沖縄・離島以外に設置されていればサービスの提供を受けることができます。遠隔地にある太陽光発電でも、発電状況をスマートフォンやパソコンなどの端末で確認できるようサービス提供されています。

OM'Sでは、さまざまなメンテナンスを受けることができますが、費用が抑えられています。低価格で不安になる方もいるかもしれませんが、低価格で提供されている理由は、低圧太陽光専門店だけをサービス対象としているからという理由があります。費用を抑えながら、ユーザーにとってメリットあるサービスを受けることができます。

[業界最安値]低圧太陽光発電メンテナンスパック!月額8,800円で収益安定化

カナディアン・ソーラー

公式サイトはコチラ

POINT

世界でもトップクラスの性能を持ってます
無料で見積もり可能です
蓄電でもしもの時の備えがあるから安心です

カナディアン・ソーラーの太陽光発電は、世界でもトップクラスの性能となっているので、とても安心して最高レベルの太陽光発電を導入することができます。初期費用も比較的にリーズナブルな設定になっていますので、敷居はそれほど高くありません。

初期費用が安いといってもトータルで考えた場合、どこの会社に依頼してもそれなりの金額になってくるのが太陽光発電です。カナディアン・ソーラーでは迅速に無料で見積もりを作ってくれます。とても対応が早いですからストレスフリーです。

蓄電池システムを採用していますので、災害時等でも安心です。また、太陽光発電をこの会社で設置することにより、設置後のアフターフォローも充実していますので、長いお付き合いができます。

積水ハウス

公式サイトはコチラ

POINT

十分な発電量のある太陽光発電で電力の自給自足を可能です
積水ハウスならではのスマートな屋根瓦のデザインです
地球温暖化対策に対応しています

積水ハウスの太陽光発電システムを導入されたご家庭ではもはや電力は外部の電力会社から購入する必要はありません。積水ハウスならではの十分な発電量のある太陽光発電システムを提案いたします。余剰電力は売電までできるという嬉しさです。

積水ハウスの屋根瓦のデザインは他の業者のものと全く違います。太陽光発電による発電量を最大にすべく屋根瓦の角度が計算されています。ですから一旦この太陽光発電システムを導入されたご家庭では、もはや電力の心配は要りません。

近年世界中で問題となっているのは地球温暖化対策です。化石燃料をこれ以上燃やすことを止めて二酸化炭素が空気中に撒き散らされるのを防がなければなりません。そのために一番最適なのが弊社の太陽光発電システムです。

日本もこれからようやく太陽光発電システムを導入します

近年日本でも太陽光発電システムを導入する動きです。政府や地方公共団体が補助金を出して太陽光発電システムの導入を応援してくれています。一番簡単なのは民家の屋根を利用した太陽光発電システムです。民家の屋根にソーラーパネルを敷き詰めて、それでその民家が使う電力を賄うという仕組みです。電気の仕組みはとても複雑で難しいです。例えば電気は太陽光発電システムを使って生み出されますが、その瞬間瞬間で消費していなければ、自然に消滅してしまうのが運命です。それで蓄電器などを使って余剰電力を蓄えたりしますが、それでもそれは100%の電力を蓄えたことにはならないのです。電気を蓄えるということはそれほど難しいことです。 太陽光発電には大規模なものもあります。広大な空き地などを利用して太陽光発電をするための発電所を作ってしまうという壮大なものです。

地上に設置されたソーラーパネルは、太陽光線を受けるとその内部で電子の移動が起きます。それで電気を生み出せるという仕組みです。ソーラーパネルの中の太陽電池を構成している半導体には何種類かあります。今世界中で使われている半導体の種類としては、シリコン系、化合物系、有機系の3種類があります。その中で一番使われている半導体がシリコン系です。世界で使われている半導体の約8割がシリコン系であると言われています。ソーラーパネルを構成する一番小さな要素がセルと呼ばれています。セルがいくつか集まってモジュールと言う基本パネルが作られます。このモジュールは正方形か長方形が多いです。ですがモジュールのデザイン的なことを考えれば、あらゆる形のモジュールが制作可能であるということです。まだ丸い形のモジュールはあまり見かけません。

にわかに太陽光発電システムが注目されてきているのには理由があります。それは太陽光発電が二酸化炭素を発生しないクリーンな発電システムであるということによります。二酸化炭素を発生しないという点においては原子力発電所も全く同じです。ですが福島の例に見られるように、ひとたび大きな災害を受ければ、原子力発電所から放射線が飛び出してしまい周囲の土壌を汚染してしまいます。 その点太陽光発電システムは安心です。太陽光発電システムだったら、たとえ大きな震災や津波による災害を受けたとしても、放射線が飛び出してしまうというような恐ろしい事態は避けられます。ソーラーパネルが破壊されても、なんら有害物質は発生しないのです。 風力発電も有力候補ですが、日本では夏場と冬場で季節風の向きが全く正反対になります。その度に風車の向きを変えるのは大変な作業です。

ページトップへ